• ホーム
  • マイホームを買うタイミングはどこ?

マイホームを買うタイミングはどこ?

いつかマイホームを持ちたいと漠然と思っていても、いつ購入すればよいか迷うものです。
マイホームを買うにはさまざまなタイミングがあり、購入の機会は長い人生の間に何度かやってきます。

まず、一つは結婚するタイミングです。
自分たちで購入した家で結婚生活をスタートさせたい方や、相手の家族の家の近くに新居を設ける場合など、最初からマイホームを買うプランを立てる人もいます。
とはいえ、これは今の時代にはあまり多くないプランかもしれません。
最初は賃貸物件で新婚生活を送り、子供を授かった場合に広めのファミリー向け物件に移り住むという人が多いでしょう。

子供がいる場合、特に小学校に上がる前や小学校在学中に購入することが多いようです。
というのも、小学校のときはまだ子供にそこまで大きなお金もかからず、家計の負担になりにくいからです。
また人数が増えて手狭になったり、子供部屋がほしかったりと広い家への住み替えや、子供の教育環境を重視し引っ越す場合もあるでしょう。
そして子供がいる間は走り回る音など近所迷惑になることもあるので、しっかりした防音ができるマンションや、下の階に迷惑をかけないような一戸建てを希望する場合が多くあります。

また、マイホームは独身でも買う場合があります。
これは特に都会で働く層が多く当てはまっており、中でも収入がある程度安定し貯蓄もある40代以降の方に多いとされます。
意外にも近年独身女性のマイホーム購入も増加傾向にあります。
できれば人に貸しやすく、中古物件として売りやすい物件を探し、長期ローンを的確に返済できるように心がけましょう。

マイホームを購入する年齢層で言えば、だいたい30代後半から40代前半、遅くとも50代くらいには購入を考えたいところでしょう。
というのも家はとても大きな買い物ですので、ローンを組む方がほとんどです。
収入に応じて返済する必要があり、特に長期ローンを組むのですから、将来のライフプランを考慮すると、定年前に完済してしまうのが最もよいとされています。
完済後はお金を老後の貯蓄に回し、ゆとりあるライフプランを計画するのが一番よいでしょう。

一方、退職後に、退職金や今まで住んでいた家を処分してできた資金をもとに、交通の便がよく、病院、スーパーなどの施設が近い地域に、小さめのマンションを買う人もいます。
年齢層が高くなればなるほど賃貸物件が借りられなくなるため、老後のためにも自分が住む場所を最低限確保しておこうという考え方です。