• ホーム
  • 中古マンションは本当にお得な買い物?

中古マンションは本当にお得な買い物?

マンションを買うとき、新築だけではなく中古物件を検討する場合もあります。
多少築年数が落ちても新築同様のものもあれば、資産価値が高いマンションもあり、選択肢は新築以上に豊富に見える場合もあります。
ですが、これは本当にお買い得なのでしょうか。
安いように見えても、意外なところでお金がかかるなどのデメリットもあります。

まず、新築より中古のほうが安く手に入りやすいものの、特に安い物件は何らかの安い理由があるはずです。
築年数が浅くても、一見すると気づかず、住んでみてから分かることなどもあります。
特にマンション周辺の立地の悪さや住環境の悪化によって売却するケースは見られますので、一見よさそうなマンションでも周辺環境をチェックすることをおすすめします。

その一方で、中古マンションでも新築同然の価格がつくような物件もあります。
というのも、周辺の環境が改善され、地価が向上したなどの理由から、その中古マンションの価値が高くなったというケースです。
この場合、比較的購入額は高くなる傾向がありますが、それでも資産価値はこれから向上していく可能性もあります。

その他にも、必要がなくなったから売る場合や、ライフスタイルの変化が起きたから売るというケースも考えられるでしょう。
どちらにせよ、売主が個人の場合は売却の理由を聞いておきましょう。
売主の売却理由が適切なものならばお買い得かもしれません。

また、設備が明らかに古い場合はリフォームして住むという選択肢もあります。
この場合はリフォームしてから必要な家具や家電を考えて配置を整える、などの方法があります。
特に住環境にこだわりがある場合、古い物件ほど自由にリフォームしやすいというメリットはあるでしょう。
ただ、どうしてもリフォームしても改善できないのが耐震性です。
その物件の内装などは改善できますが、それでも耐震性などの物件の安全性は建て替えない限り改善されることはありません。

基本的に資産価値が落ちにくい物件であれば、中古マンションの購入もおすすめです。
また、ライフスタイルを考えて物件選びをするのも有効な方法で、会社への通勤を考え個人での生活を考えると、中古マンションも悪い選択肢ではありません。
安い分悪いと思われがちですが、実際には物件価値が落ちにくいような工夫がなされているマンションも少なくありません。
不動産会社とも相談してみて、よさそうな中古マンションがあれば選択肢に入れてみましょう。