• ホーム
  • 人口減少問題で不動産の価格は下がる可能性がある

人口減少問題で不動産の価格は下がる可能性がある

いろいろな物件の探し方や選び方がありますが、このところ言われているのが、将来は不動産の価格が下がるのではということです。
これは何かというと、日本の人口減少によって家や土地など不動産の需要が減り、価値や価格が下がるのではないかという意見です。
これからの少子高齢化に伴って、可能性のある話です。

特にこの傾向が顕著なのが田舎や郊外など、需要が減りつつある地域です。
こういった地域は、交通が不便で、仕事先や魅力的な商業施設が少ないことも多く、結果世帯数が減り空き家も増えていきます。
こうした地域の空き家には買い手もつきづらく、中には空き家を無料で譲ったり、隣の土地なども含めて売ったりするようなケースも見られるようです。
こういったことから、これまで家屋の供給過多だったことも影響し、不動産が値崩れし、この先安くなってから取得したほうがよいのではないかと言われているのです。

これは賃貸物件も同様で、住宅市場ではそもそも供給過多の傾向があります。
賃貸物件で空き部屋を減らすために、リスクのある人や高齢者世帯でも積極的に貸していかないと賃貸業はすでに立ち行かなくなるとも言われています。
特に最近は高齢者歓迎の物件も出てきていますし、物件が古くなることでより条件を緩めて借りられるようにもなってきているようです。

このため、最近では住宅購入を考えるときに、そのタイミングを少しでも遅らせることで同じような物件をより安く購入できるのではないか、と予測される場合もあります。
これは昨今よく見られる傾向で、特に世帯数が減っているような地域は少しタイミングを遅らせるだけで、かなりよい物件が安く手に入るかもしれません。
特に中古物件を狙うような住宅市場の場合は、これからどんどん買い手が有利になっていくかもしれないのです。

ですが、都心など人口が増えて人気のある地域にはこの限りではありません。
特に利便性の高い都心は、大きなイベントや都市の再開発、駅の新設などで地価が変化し、資産価値が動くため、以前より相場が上がってしまうことは珍しくありません。

また、ローン返済の期間など自分にとって買うのによいタイミングなどもあるでしょう。
年齢を重ねてから高額なローンを組むことは、家計に大きな負担となるので、人口減少による価格の変化を意識しすぎるのもあまりよくありません。
このため、ただ長くだらだら待つよりも、自分にとって購入しやすいタイミングを選ぶのがよいかもしれません。