• ホーム
  • 賃貸情報サイトは徹底的に比較しよう!

賃貸情報サイトは徹底的に比較しよう!

きれいなビル

賃貸物件を比較する場合、気をつけるポイントとしては、その物件が掲載されている賃貸情報サイトそのものも比較する必要があります。
というのも、それぞれのサイトに大きな違いがある場合があるからです。

まず、大手賃貸物件のサイトについては、知名度が高く、掲載件数も多いのが特徴的でしょう。
とにかく件数が多いのでたくさんの情報に触れて探しやすいと感じるかもしれませんが、中には粗悪なサイトもあります。
例えばすでに借りられているような物件情報が掲載されていたり、いわゆる釣り案件と呼ばれるような物件が掲載されていたりするデメリットもあるのです。
このため、あまりよい案件ばかりとは言いづらい傾向があります。
信憑性が薄い情報もまとめて掲載されていることが多いので、利用には難しい傾向があるでしょう。

もう一つは不動産業者が経営しているサイトです。
情報量や内容はそれぞれのサイトに依存するため、質についてはピンからキリまであるものの、特定の地域や情報が少ない地域で探す場合に向いています。 とはいえ、やはり当たりはずれが強い傾向が見られるでしょう。
当たりのところであればサービスも充実していますが、はずれの不動産業者であれば情報が古かったり虚偽だったりする場合もあります。

最近では、賃貸物件をただ掲載するだけではなく、特定の特徴を持つ賃貸物件だけを掲載するところも増えてきました。
例えばとにかく家賃が安い方がよい人のために、家賃が5万円以下や3万円以下という条件に絞って掲載しているサイトがあります。
このようなところは十分得をする可能性がありますが、家賃が安い分部屋はそれなり、ということも多いでしょう。
トラブルになっても対応してもらいづらい傾向もあります。

また、賃貸物件を借りるとキャッシュバックされるという物件もあります。
これは賃貸物件の契約をすることで、物件次第で3万円から5万円ほどのキャッシュバックがもらえる場合もあるでしょう。

とはいえ、最終的にはどの賃貸物件情報サイトを見ても、現場を見て、物件を比較して利用するのがよいでしょう。
トラブルやサービスに対応してもらいやすいサイトもあれば、情報の不一致が多い現場もありますから、お得かどうかに惑わされないようにしましょう。
掲載されている内容と一致するところがあるかどうか信憑性を考え、なおかつ不一致な点があればそれにどう応対するかを確認しながら利用するのがおすすめです。