公開履歴
おしゃれな部屋

ライフスタイルを考えるときに気になることの一つが、賃貸物件に住み続けるか、マイホームを買うかという問題があるでしょう。
これはいろいろな議論がなされ、なかなか回答するのが難しい場合もあります。

結論から言うと、やはり人によるという意見が大きいでしょう。
例えば一人暮らしの人なら、家族構成も定まらないうちからマイホームを買うのは負担になりやすい傾向があるため、おすすめできません。
ですが、ある程度家族がいて今後増えることは無い、おおむね40代から50代の世代になると、いよいよ老後のことも考えてマイホームを持った方がよいという考え方が出てくるでしょう。

また、家と一口に言ってもマンションにするかアパートにするか、戸建てにするか、ということも考えなくてはなりません。
最近では古い物件をあえて購入して、計画的にリフォームする方法も出てきたため、思った以上に選択肢が広くなってきています。

賃貸のメリットとしては柔軟な対応ができるという点が強いでしょう。
例えば隣人との間にトラブルが発生したとしても、すぐに引っ越しすることができます。
住みたい物件が明確ではない場合、住みたい物件がどういうものか明確に想像できるまで引っ越しを繰り返すのも方法でしょう。

マイホームのメリットとしては理想の家を作れるかもしれない、という点が強いのです。
理想の家とは家族構成や老後のこと、ローンの計画やライフスタイルなど、さまざまなことを考えた計画ができる、という点にあります。
特にマイホームは一度購入したらその後ずっと住み続けると想定していることが多いので、とにかく確実な計画を実施できるのが大きなポイントです。

気をつけたいのは、どちらも収入と要相談という面です。
よいところに住みたいからと家賃が高くなりすぎるのは好ましくありません。
計画的なローンのつもりでも実は借りすぎているという場合も多いのです。
リフォームをした方が安いと思っても、その後に起きた物件のトラブルでやむなく引っ越す、という場合もあります。

特に固定した場所に住む場合は隣人や近所のスーパーなど、生活しやすさも考えなくてはなりません。 ただ、賃貸物件ならではの設備の粗末さが耐えられないような人には、自分の物件を持つのも方法でしょう。

実際はその人のライフスタイルにもよるため、賃貸がよいかマイホームがよいかは、そこに住む人の感覚やライフステージによっても違います。
一般的には若い世代ほど賃貸、高齢になるほどマイホームを希望する傾向が強いようです。

記事一覧

マイホームは理想的ですが意外と失敗談も多くあります。 一説には家は3回建てないと理想の家にならないと...

いつかマイホームを持ちたいと漠然と思っていても、いつ購入すればよいか迷うものです。 マイホームを買う...

物件にもいろいろな物件があり、中にはクソ物件と呼ばれ、一般的な物件とは程遠いほど不便な物件というのも...

これから賃貸物件を探すという時にとても大事なことの一つが、賃貸物件の下見です。 不動産紹介のお店であ...

一人暮らし用の賃貸物件を探すのであれば、いくつかの点に注意しましょう。 気軽に安い物件を探すと、困っ...

賃貸物件を比較する場合、気をつけるポイントとしては、その物件が掲載されている賃貸情報サイトそのものも...